塗装について

ホーム > 塗装について > 塗装業界について

塗装業界について

塗装をお願いしたいけど、どこにお願いすればいい?

塗装をお願いしたいとき、数ある業者の中からどこに依頼をすればいいのか…このように悩んでいる方も多くいらっしゃると思います。

値段、仕上がり、信頼性、何を重要視するのかは人それぞれですが、後悔はしたくはないですよね?

こちらのページでは、知っていただきたい業者選びのポイントをいくつかご紹介いたします。

複数(2つ以上)の業者の提案を比較する。

複数の業者の話を聞き、比較・検討をしてください。

一口に塗装業者といっても、業者によって様々なコンセプトがあるものです。

要望に対する提案や、使用する塗料、施工方法、それにより値段も違ってきます。

なるべく多くの業者の話を聞き、自身の考えに合った業者を選択することが大切です。

訪問業者に即決をしない。

突然の訪問業者は、今すぐの契約を求めてくる場合があります。

中には、「今すぐやらないと取り返しがつかなくなる」などといって、不安を煽る悪徳業者もいます。

塗装の劣化はゆっくりと進行しますので、「今すぐ」と緊急性のあるものではありませんので、ご注意ください。

上記で紹介した「複数の業者を比較する」という観点からも、即決は控えたほうが良いでしょう。

見積もり書の内容を確認、比較。

見積もり書が完成したら、よく確認をするようにしてください。

打ち合わせ通りになっているか、お金がかかっている部分はどこなのか、などを確認します。

少しでも気になることがあったら質問をし、その返答が打ち合わせ時に決めたことと相違がないかなども確認しましょう。

見積もりが「安すぎる」「高すぎる」は注意。

安すぎる、高すぎるには、それなりの理由があります。

そのような場合には、理由を聞き、納得のいく答えが返ってくるかどうかで判断をしましょう。

安すぎる場合、見た目では分からないけれど重要な工程を行っていない可能性があります。

例えば、「ケレン」。ケレンとは、古い塗膜をはがしたり、錆びを落としたりする工程のことです。

ケレンを行わない場合、古い塗膜の上に新しい塗装をすることになりますので、せっかく塗装をしてもすぐに劣化してしまいます。

高すぎる場合、単純に過剰請求の可能性があります。

また、契約をしぶった場合、大幅に値引きをし、相場より高かったとしてもお得感を錯覚させてくる可能性もあります。

何故、料金の違いが出るのかを知る。

複数の業者に見積もり依頼をした場合、料金に違いが出ることは当たり前のことです。

では何故、見積もりに違いが出るのでしょうか。

正しい知識をつけることで、正しい判断をし、後悔しない業者選びをしてください。

基本的な塗料の違い

基本的な塗料の違い

塗料にはこのような種類のものがあります。

基本的に、耐久年数が長くなれば、それに比例して価格も高くなっていきます。

一般的に使用されているものは「シリコン系塗料」です。

どの塗料を選ぶかは、業者の話を聞き、お客様の考えに合ったものを選べば良いかと思います。

ただ、注意すべきことは、塗料は全て同じものを使うということです。

屋根にはこの塗料、外壁はこれ、雨どいはこれ、などという風に、耐久年数の違う塗料を複数使うと、次回の塗り替えのタイミングが全てバラバラになってしまいます。

その度に、足場を組むなどの作業がありますので、費用がかさんでしまいます。

このように「安ければ良い」ということでは、決してありません。

塗料一つをとっても、安いものには耐久年数が短いというデメリットがありますし、耐久年数が長いものには価格が高いというデメリットがあります。

それは塗料だけに言えることではありません。

見積もりが極端に安い場合、「三度塗りがされていない。」「重要な工程を省いている。」「安全性を考慮した足場が組まれていない。」などの可能性も考えられます。

そのような場合、重大な事故が起きたり、せっかく塗装をしたとしてもすぐに劣化してしまったりと問題が起こります。

料金も大切な一つの判断材料ですが、決して安さだけで塗装業者を選ばないようにしてください。

Works Case

  • 某戸建て現場写真
  • 某新築アパート建設現場
  • 当社の想い
  • WB多彩仕上工法について